2006年09月29日

安倍内閣かぁ

いよいよ安倍内閣も動き出しましたね。
時事に疎い僕は,「いつの間にか小泉さんが退陣表明をし,麻生・谷垣との勝負を経て,下馬評どおり安倍さんが自民党総裁の椅子を得,あれよあれよという間に首相の座を射止めた」というごく当たり前の流れしか分かっていません。
 
 

で,いまNHKのニュースを見たり,新聞を読んだりして安倍さんのことをほんの少し知ったのですが・・・。僕と似てます(笑)。どこがって,割と欲張りなところが。しかも欲張ったために多くの論点を詰め込んで,個々の論点が薄っぺらい。その薄っぺらさカモフラージュするために,抽象論を振りかざす。まるきり僕の(ある意味長所でもありますが)悪いところと一致します。

これは,メディアの評価をもとにした安倍さんに対するイメージです。もしこのイメージと実体との齟齬があまりないとすれば,正直不安は大きいです。だって一国のリーダーがこれから,山積している社会問題のうち,何を,いつ,どのようにこなしていくのかがいまひとつ分からないんですから(こういう場合,えてして言ってる本人がよく分かってない場合がある。だとしたらなおのことヤバそう。)。

 
抽象論を用いるのは,言っているほうからすればラクなんですよね。もっともらしく聞こえるし,具体色が薄いから,言ったあとの方向修正も文言に絡めて行うことができる。要は裁量が大きいということです。だからその分,余計に国民の監視が重要になってくる。始まったばかりの政権ですが,これまでどおり,否,これまで以上に厳しい目で政権を見ていきたいです。
 
それにしても不気味なのは,イメージ先行で一国の党首を安易に支持してしまう国民が多いということです。政権を支えるうえで人気は重要ですが,人気がその唯一無二の要素になった場合,これほど恐ろしいことはない気がします。ナポレオン然り。目隠しをされている間に,教育とか,憲法とか,そういう根本的なものをごく簡単に改変されてしまいかねません。
前にテレ朝かどこかで安倍さんの生い立ちみたいなものをTVドラマ化していましたが,あれは絶対によくない。政治家一人(しかも現役の,しかも一国のトップ)を取り上げてドラマ化するなんて,国民に対するイメージ戦略に手を貸すに等しいではないですか。30秒くらい見てすぐ止めたので詳しい内容は分からないですが,まさかTV化するくらいなので悪いことは書かないでしょう。いいこと,ないしは苦労話などを描いていたとすれば,まさに人気で政治を動かす時代を作り出す一因を提供したといっても過言ではないのかもしれません。
posted by はくりょ at 21:37| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんなことここで書いてはいけないかもしれませんが、実はあたし、安倍内閣がちょっと・・・な人です笑。
なんというか・・・安倍さんのちょっと偏った考え方が好きじゃないのかも(>_<)
でも新しく内閣に就任されたということで、これからが「みもの」なんだろうなぁって思います。
わりとながく、小泉政権は続きましたが、今度の安倍さんはどこまでやってくれるのか・・・!気になります!
Posted by 黒猫 at 2006年09月30日 01:01
来年の参院選の結果を見ない限り分かりませんが,僕は安倍政権も比較的長く続くんじゃないかと思います(もちろん小泉政権ほど長くはならないだろうけど)。もっとも安倍さんはタカ派とされてますし,また小泉政権と違って改革の対象が国家の根本に関わるものが含まれているところから見ると,批判に押しつぶされる可能性はありますね・・・
黒猫さんはちゃんと政治を追っているんですね!!まだまだ政治に疎い僕ですが,もっと勉強してきちんと批判できるようになりたいな・・・
Posted by はくりょ at 2006年09月30日 01:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。