2006年10月05日

傍聴記1004@

行ってきました,最高裁。
聴いてきました,判決主文。
 

判決言い渡しは昨日午後3時から。
最高裁が三宅坂にあるので,ゼミ友のPOOHと14時前に永田町駅に待ち合わせ。4番出口から歩くことおおよそ5分,いかつい石造りの最高裁が見えてきました。
前日に電話をかけて手続きについて聞いておいたのですが,整理券を配られるという南門には既に30人ほど列をなしていました。
「は!?もう並んでるよ!!」
・・・一瞬びびったけど,傍聴席は162用意されているとのこと。僕たちは29・30番目の整理券をget。全然余裕で入れました!

14時20分ごろ,係員に誘導されて裁判所内へ。荷物を携帯もろともロッカーに入れさせられてしまった・・・。写真撮りたかったのに!!しかも金属探知機に通されるという厳戒っぷり。空港みたいです(笑
金属を外し,つつがなくゲートを突破し,いよいよダンジョンの奥地へ。最高裁のトイレに行き,最高裁のウォータークーラーで水を飲んで,大法廷を目指す。テンションはぐんぐん上がる☆気分はラスダンの最奥に潜むラスボスの部屋に入る感覚。

そしてついに・・・ラスボスの部屋もとい大法廷に到着!!!右も左も分からない僕はようやく指定の席について,来るべき判決に思いを馳せます(まあとか言って30分くらいグダグダしゃべってただけだけど)。

開廷を前にして,当事者の入廷,プレスの入廷,諸注意伝達などなど,動きがあわただしくなりました。
そして。。。ラスボスの登場です。

posted by はくりょ at 15:08| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 法学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24931931
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。