2006年10月05日

傍聴記1004A

いよいよラスボス・・・じゃない最高裁判事15人が入廷。
明らかに空気が変わりました。く,空気がピリピリする!!!これが最高裁判事の気か・・・!!!

判事が席に着席すると,プレスに2分間,撮影の時間が与えられました。TVニュースで昨日の判決を見た方もいると思いますが,そのときの大法廷の映像は(おそらく)その2分間で撮影されたものです。
ちなみに,今日判決の下される事件は,昨日の記事で書きましたが参議院議員定数不均衡事件。憲法をかじった人であれば,聞いたことがあるという人がいるかもしれません。受験上も講学上も事実上も重大な問題になっているものです。今日は画期的な判断が下るのでは・・・と期待して,大法廷に臨んだわけです。ちなみに原審では原告の主張が否定されました。
「撮影を止めてください」のアナウンスで,いっせいにプレスが捌けてゆく。ついに言い渡しです。

「主文」
(ごくっ。)
「j本件上告を棄却する」
(あーーあ。)

結末は上告棄却。つまり議員定数が不均衡にある状態を合憲としたわけ(※)です。後から調べたところ格差は1対5.1とのことで,6倍を越えるまで違憲といわないと言われている最高裁が今回もその暗黙の基準に則った形です。
まあ,いいんです。反対意見がついていることも考えられますので,それが聴ければ。主文の後は理由。

・・・が。
「閉廷します」
の声。あっという間に奥に退くラスボスたち。
ちょ,理由は〜〜〜!?

・・・どうやら最高裁では,判決言い渡しの場合,こういう感じで判決主文だけを言い渡して,理由は当事者に送られる判決文を各自読ませるということになっているらしい。
というわけで初のの最高裁傍聴はおよそ3分で終わりました。

* * * * *

(※)注
よく考えたら,「違憲」ではあるけど「事情判決」の形で請求を棄却する場合も上告棄却の判決になります。なので上告棄却だけで(あーーあ。)と思うのは厳密には間違いかもしれません。

posted by はくりょ at 15:27| 東京 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 法学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あれ、俺の記憶違いだったら悪いんだけど判決言い渡しって地裁とかでもあっという間に終わらないっけ?^^;
やばい、どうなんだろ。自信ないけど。
Posted by at 2006年10月05日 17:31
へーーーー!!
いかんせん最後に行ったのは1年のときだからな〜^^; ちなみにそのときは即日言い渡しの不法滞在事件だった気が。
でも死刑判決ん時は「主文後回し」とか言うよね!?あれはなんなんだろうな(笑
Posted by はくりょ at 2006年10月05日 21:13
あたしも裁判の傍聴したことがあります!
でもそのときのは下着泥棒の傍聴でしたー笑。今もネタになる、あの思い出・・・
あたしはあの威圧感のある、法廷が結構好きです(∩∀`*)
それにしても!議員定数不均衡問題、やっぱ合憲にされたんですねぇ・・・
まぁしょうがないのかなぁって感じもしますが( ´-ω-`)
あたしは理由がききたかったー!いいじゃん、法廷でいってくれても!って感じです笑。
Posted by 黒猫 at 2006年10月05日 21:19
>黒猫さん
へぇ,下着泥棒^^;性犯罪(ちょっと違うかな?)の当事者にはなりたくないですね(苦笑
うーん,合憲,でした。すごい期待はもってたんですけど。理由も読むだけなんだから朗読してほしかったです。連れと「きっと今頃読む練習してるんだぜ」とかいって笑ってたんですけど。。。すごい意外な結末でした(>_<)
Posted by はくりょ at 2006年10月06日 00:12
3分で終わっちゃっちゃ、勿体ないよね。

私は法廷の傍聴には行ったことがないので、いつか行ってみたいとは思っていますが、もうすこしで裁判員制度が導入されるんですよね。
そんでも、最高裁には一度行ってみたいですね。
Posted by やぎさん at 2006年10月07日 05:37
おそらくは判決に至るまでの検討ですごい仕事してるんでしょうけどね^^; せっかくの国民へのアピールタイムが3分って,ちょっともったいないですね(笑

裁判員に当たるのは,1年で300分の1の確率(年間裁判員任命者数/有資格者数)だそうです。20歳〜70歳の50年間の人生で裁判員に当たるのは単純計算で6人に1人の割合ですね。狭き門です^^;
裁判員制度が始まってからの裁判,今とはだいぶ違う様子になっているでしょう!僕も体験してみたいです(法曹として)!
Posted by はくりょ at 2006年10月08日 23:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24932497
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。