2006年10月18日

カスタマーレビューレビュー

結構Amazonで本を買うことが多いです。厳密には「多かった」ってことになるでしょうか,大学生協で本を買えば1割引なので最近は生協に頼りっぱなしなもので^^;
でも,買いはしないまでもAmazonのHPにはちょくちょく顔を出しています。カスタマーレビューが面白いからね。

カスタマーレビューは,その商品を手に取った人がその商品のよしあしをレポートして,その商品に興味を寄せる人に向けて商品情報を与えるものです。当然主観がバリバリ入り込んでいるのでレビューだけを信頼して購入不購入を決めるのは危険ですが,読むぶんには面白いです。

たまに趣旨を取り違えてレビュー書いてる人がいます。例えばここの「自立した憲法学の構築」って題名のやつ。

これは,のっけに長谷部教授の考え方を説明しだす。それはまだ本の内容を説明する意味も込められているからいいんですが,そっから先はひたすら長谷部説の問題点とそれに対するレビュー筆者の考え方についてつらつらつらつら書かれている。
はっきりいってどうでもいいんですよね,あなたの意見なんて(笑)。長谷部説をたたくなら,せめて本に載っている議論を引っ張り出してそれに対する批判を書いてほしい(もっともこれ自体「レビュー」たりえないでしょうけどね・・・)。なんでこのレビューで「参考になった」と思う人が3人もいるんだろう。

レビューはあくまでその本を読んでの感想なんですから。端的に「面白いか,面白くないか」とその理由だけかいときゃいいと思うんですがねえ。
このレビューのすぐ下にある「法思想、政治思想を援用したアプロ−チ」って題名のレビューのほうが,日本語はすこし拙いけどよっぽどいい。

すくなくともカスタマーレビューは,思ったことや知識をひけらかす場では決してないはず。そんなのはブログでやってください,といいたい。少なくともレビューとしての価値は皆無に等しいでしょう。

あ〜あ,どうでもいいことで好戦的になっちゃった(笑
ヤな奴だなあ^^;
不快に思われたらすいません!!!
posted by はくりょ at 00:41| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/25665520
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。