2006年10月20日

哲学入門・・・成功!?

とあるきっかけで,とある哲学者の入門書を読んでいました。今日,行きの電車でその本を読み終わったんです。

「とあるきっかけ」っていうのは,早い話が嫉妬というか,焦りを感じたっていうことです。

ゼミの指導教授の学会発表を,予行演習を兼ねて聞かせてもらう機会が2週間くらい前にありました。所属しているのは憲法ゼミで,指導教授も憲法学の学者なのですが,憲法って歴史的に哲学と切っても切り離せない部分が大いにあるんです。現に,その先生の発表の中にも哲学内容がかなり含まれていた。

で,当時僕は哲学なんてこれぽっちも知りませんでしたので,当然聴いてもちんぷんかんぷんだったんです。ところがです。一緒に聞いていたゼミ生の何人かは,その知識のあることを前提に,堂々と意見を述べ始めるじゃないですか。これにはかなり焦りました。

僕はというと,理解できなさすぎて意見一つ言えなかった。他方で同じ歳のやつらが対等に哲学を含む議論を繰り広げているんです。焦りますし,嫉妬も生まれる。
そこで,哲学の一つにでもなじんでおこうかな,と思い立って,哲学の入門書(といっても新書だけど)を手に取ったわけです。

「とある哲学者」はフーコーのことです。フーコーは19〜20世紀の哲学者。入門書ってのは,「フーコー入門」っていうちくま新書から出ている本です。フーコーって結構有名人なんだそうです。先生の学会発表を聞くまで聴いたこともない人だったけど(笑

読み終わって。
色々考えさせられ,また生き方の参考に出来る記述は結構ありました(それはフーコーの言ではなくて,その入門書を書いた著者の言であることに注意すべきですけどね〜)。
だけどそれ以上に感じたのは,哲学ムズしってこと。ムズすぎて,「入門」のはずなのに1割も理解できてないんじゃないかな^^;
ちょっと悲しい(笑

まーでも読み終わって,満足はしています。視野を広げるっていう目下の目標にも資しそうだし,実際に読んでみるとどうやら肌に合わない学問ではなさそうだし。
気長に,趣味の範疇で,いろんな哲学者の入門書を読み漁ってみようと画策している今日この頃です。
posted by はくりょ at 01:17| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いきなりふーこーときたか ww

哲学的な話は僕も未だにちんぷんかんぷんだよ。
議論が錯綜してるし、言葉の使い方の時点で共通見解がないからね。哲学読むと、憲法がわからなくなるので気をつけてよもうね!! 
Posted by POOH at 2006年10月21日 01:31
ふーこーって結構「いきなり」系なんだ^^;

共通見解がないってちょっと分かるかも。だからこそ「脱構築」って作業があるんだと思うし(違う?w)。
憲法・・・まだ干渉起こしてないから,大丈夫かな(笑)こんど哲学レクチャーしておくれm(_ _)m
Posted by はくりょ at 2006年10月21日 03:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/25784024
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。